SMB向け多要素認証サービスを提供開始(ウォッチガード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

SMB向け多要素認証サービスを提供開始(ウォッチガード)

ウォッチガードは、新たに中堅・中小企業向けのクラウドベースの多要素認証サービス「AuthPoint(オースポイント)」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は7月31日、新たに中堅・中小企業向けのクラウドベースの多要素認証サービス「AuthPoint(オースポイント)」を発表した。複雑な連携プロセス、多額の初期投資費用、そして重荷となるオンプレミスの管理要件を排除することで、すべての企業で多要素認証を利用できるようにしたという。

ユーザのスマートフォンにAuthPointアプリをダウンロードして起動すると、プッシュ通知、ワンタイムパスワード、オフライン向けのQRコード読取りなどの方法により、すべてのログイン試行を確認し、管理できる。また、アプリではGoogle Authenticator、Facebookアクセス 、Dropboxなど、サードパーティの認証コードも保存できる。また、「モバイルデバイスDNA」というユーザ認証に対するアプローチを採用、正規のログイン試行と不正のログイン試行を判別する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×