SMB向け多要素認証サービスを提供開始(ウォッチガード) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

SMB向け多要素認証サービスを提供開始(ウォッチガード)

ウォッチガードは、新たに中堅・中小企業向けのクラウドベースの多要素認証サービス「AuthPoint(オースポイント)」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は7月31日、新たに中堅・中小企業向けのクラウドベースの多要素認証サービス「AuthPoint(オースポイント)」を発表した。複雑な連携プロセス、多額の初期投資費用、そして重荷となるオンプレミスの管理要件を排除することで、すべての企業で多要素認証を利用できるようにしたという。

ユーザのスマートフォンにAuthPointアプリをダウンロードして起動すると、プッシュ通知、ワンタイムパスワード、オフライン向けのQRコード読取りなどの方法により、すべてのログイン試行を確認し、管理できる。また、アプリではGoogle Authenticator、Facebookアクセス 、Dropboxなど、サードパーティの認証コードも保存できる。また、「モバイルデバイスDNA」というユーザ認証に対するアプローチを採用、正規のログイン試行と不正のログイン試行を判別する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×