RedSeal製ネットワークセキュリティ監査プラットフォームの運用支援サービス(テリロジー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

RedSeal製ネットワークセキュリティ監査プラットフォームの運用支援サービス(テリロジー)

テリロジーは、脆弱性リスク管理(VRM)の「運用支援サービス」を新たに提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社テリロジーは7月18日、脆弱性リスク管理(VRM)の「運用支援サービス」を新たに提供開始したと発表した。テリロジーでは、米RedSeal社の日本法人である株式会社RedSealの国内販売代理店として、RedSeal製ネットワークセキュリティ監査プラットフォームを提供している。同サービスは、同プラットフォームを導入する際に、その設定・運用をテリロジーのエキスパートが支援するというもの。年間サービス料金は、L3レイヤー機器50台の場合で1,500,000から(税別)。

RedSeal社のプラットフォームは、ネットワーク機器の設定の不備、ネットワーク構成の自動描画、想定外のアクセス経路の可視化、エンドポイントの脆弱性診断を含む、外部からの侵入リスク分析、セキュリティポリシー監査等、ネットワークの堅牢性を維持する機能を提供している。しかし、導入や運用には高い専門性が求められるため、その運用を支援するサービスを新たにリリースした。適切な運用アドバイスや、リモートアクセスによる作業効率化、テリロジーのアナリストによる詳細レポートと対応策の提案などが特徴となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×