Web改ざん検知のSaaS版提供(アイネス、DIT) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

Web改ざん検知のSaaS版提供(アイネス、DIT)

アイネスとDITは、「WebARGUS Enterprise Edition」のSaaS化事業で協業を行い、アイネスが「Peacock tail」としてサポート業務と合わせサービス提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アイネスとデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社(DIT)は7月17日、「WebARGUS(ウェブアルゴス)Enterprise Edition」のSaaS化事業で協業を行い、アイネスが「Peacock tail(ピーコックテイル)」としてサポート業務と合わせサービス提供を開始すると発表した。DITが開発したWebARGUSは、Webサイト改ざん・復旧システム。定期監視だけでなく、改ざんを瞬時に検知し復旧することもできる。

WebARGUSをSaaS化したPeacock tailは、アイネスの自社クラウドに設置された管理サーバを使用して提供するサービス。管理サーバの購入や構築が不要で、24時間365日の運用監視もセットで提供される。これによりサイトの改ざんを0.1秒で復旧できるため、公開停止措置を必要とせずに攻撃の実害発生を抑止できる。また、事前にWebサイトの脆弱性診断を行い、発見された脆弱性への対策も行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×