MicrosoftとGoogle、漏えいにつながる4つ目の Meltdown-Spectre CPU セキュリティホールを発見(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

MicrosoftとGoogle、漏えいにつながる4つ目の Meltdown-Spectre CPU セキュリティホールを発見(The Register)

最新のプロセッサにデータ漏えいにつながるセキュリティ欠陥であるMeltdown-Spectreの第4亜種(Variant 4)が、マイクロソフトとグーグルの研究者によって発見された。

国際 TheRegister
最新のプロセッサにデータ漏えいにつながるセキュリティ欠陥であるMeltdown-Spectreの第4亜種(Variant 4)が、マイクロソフトとグーグルの研究者によって発見された。

これらの投機的実行の設計ミスは、脆弱性のあるデバイスやコンピュータで実行される悪意のあるソフトウェアや、システムにログインした悪人によって、保護されたカネールやアプリケーションメモリからパスワードのような秘密をゆっくり抽出するために状況次第で悪用される可能性がある。

Variant 1、2はSpectre(CVE-2017-5753、CVE-2017-5715)、そしてVariant 3はMeltdown(CVE-2017-5754)として知られている。今日(編集部註:2018年5月21日)、Variant 4がマイクロソフトグーグルの研究者によって公開された。

《The Register》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×