Spring Data Commonsにおけるリモートコード実行の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Spring Data Commonsにおけるリモートコード実行の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、Spring Data Commonsに含まれるリモートコード実行に関する脆弱性(CVE-2018-1273)に関する検証レポートを公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
NTTデータ先端技術株式会社は4月26日、Spring Data Commonsに含まれるリモートコード実行に関する脆弱性(CVE-2018-1273)に関する検証レポートを公開した。Spring Data Commonsは、Spring Frameworkの拡張ライブラリとしてデータベースへのアクセスに利用される汎用インタフェースのライブラリ。2018年4月10日にPivotal Software社によって脆弱性が公表されている。

F5 Networks社の研究者によると、本脆弱性は当該ライブラリに含まれるMapDataBinderクラスに、Spring Expression Language(SpEL)式を評価する際に、正しく処理されない問題があると指摘している。この問題により、攻撃者から送信された特殊な演算子を含む文字列によって任意のコード実行が引き起こされる。

この脆弱性の再現性について、同社の鈴木涼太氏が検証を行った。検証は、CentOS 7.0 64bit上のSpring Data Commons 1.13.10をターゲットシステムとして実施した。標的サーバ上で実行させるOSコマンドを、不正な演算子による攻撃コード内に記述し、HTTPリクエストとして送信。攻撃が成功した場合に標的サーバ上でブラウザを開き、任意のURLにアクセスさせる攻撃を試みた。検証の結果、攻撃コードの実行に成功した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×