Upstream Security製のコネクテッドカー向けSOCをSaaSで提供(アズジェント) | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

Upstream Security製のコネクテッドカー向けSOCをSaaSで提供(アズジェント)

アズジェントは、イスラエルのUpstream Security Ltd.とディストリビュータ契約を締結し、コネクテッドカー向けのSOCソリューション「Upstream」の販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アズジェントは4月12日、イスラエルのUpstream Security Ltd.とディストリビュータ契約を締結し、コネクテッドカー向けのSOC(Security Operation Center)ソリューション「Upstream」の販売を開始すると発表した。同ソリューションは、コネクテッドカーのさまざまなデータを分析し、異常が発生した際には通知を行うコネクテッドカー専用のSaaSサービス。

「Upstream」は、車両とテレマティクスサーバ間でやりとりされるメッセージを検査する「プロトコルセキュリティ」、車両とサーバ間の通信パターンを分析し、異常な通信を検出する「トランザクション分析」、車両の状態により許可されるコマンドの管理やGPS上の矛盾データを発見する「コンテキストセキュリティ」、車両やドライバーの行動パターンを分析し、異常な動きを検出する「ふるまい検知」の4つの機能を搭載する。

分析にはAIを活用し、通常とは逸脱した状態の車両を発見した際には、すぐさまSOC管理者へ通知する。これにより、今後台数が増加していくコネクテッドカーの管理や異常発生時の対応を容易にする。販売開始は5月を予定しており、販売価格は1千万円/1,000台/年(税別、別途イニシャルインストレーションフィーが必要)から。初年度2億円の販売を目指す。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×