AIが送信メール分析、内部不正検知(アイマトリックス) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

AIが送信メール分析、内部不正検知(アイマトリックス)

アイマトリックスは、企業などから外部へ送信されるメールに起因する情報漏えいを予知・遮断するシステム「マトリックス インサイト」を4月より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アイマトリックス株式会社は4月3日、企業などから外部へ送信されるメールに起因する情報漏えいを予知・遮断するシステム「マトリックス インサイト」を4月より販売開始すると発表した。一般的な送信メールセキュリティには誤送信防止や添付ファイル暗号化機能が挙げられるが、内部不正には対応できない。

同製品では、「KizAssy」AI・ディープラーニングフレームワークが全ての送信メールを細かく解析・学習し、潜在的な情報漏えいリスクを洗い出す。送信メールが正常でないと判断された場合は、瞬時にインシデント情報を管理者へ通知する。価格は500万円台からで、対象アカウント数により変わる。同社では同製品で、初年度5億円の売上を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×