中国が脆弱性情報共有データベース改ざん、諜報機関との関係隠蔽(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

中国が脆弱性情報共有データベース改ざん、諜報機関との関係隠蔽(The Register)

中国は、情報セキュリティの脆弱性を報告するプロセスに諜報機関が関わっていることを隠蔽するため、脆弱性情報共有データベースを改ざんした。

国際 TheRegister
中国は、情報セキュリティの脆弱性を報告するプロセスに諜報機関が関わっていることを隠蔽するため、脆弱性情報共有データベースを改ざんした。

このショッキングな調査結果は、脅威情報を提供する企業Recorded Future が、中国の脆弱性情報データベース(CNNVD)で情報が公表されるまでにかかる時間を何か月も調査して報告したものだ。

Recorded Futureは調査中、中国には、CNNVDで危険性の高い脆弱性を公開する前に、諜報活動への利用可能性を評価する仕組みがあることを発見したと述べている。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×