データリテラシー調査、日本は低い結果だがデータ活用への期待は高まる(クリックテック・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

データリテラシー調査、日本は低い結果だがデータ活用への期待は高まる(クリックテック・ジャパン)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

クリックテック・ジャパン株式会社は3月27日、日本およびアジア太平洋地域のデータリテラシーに関する独自調査の結果を発表した。同調査は、米Qlik Technologies社の独自調査として、第三者機関のCensuswide社により、アジア太平洋地域5カ国(日本、インド、オーストラリア、シンガポール、中国)合計5,288人(日本は1,061人)のさまざまな階層のフルタイムで働くビジネスパーソンを対象に実施したもの。

調査結果によると、「データリテラシーに自信がある」と回答したのは、インドが最高で45%、アジア太平洋地域全体では20%である一方、日本は最低の6%となった。また、データアクセス権限の低さがビジネスパーソンのデータリテラシーを阻害している傾向が明らかになったとしている。「自社の全員がデータを活用する権限を持ち、データリテラシーがある」と回答したのは、アジア太平洋地域全体では23%であったことに対し、日本では11%と、対象地域内でもっとも低い結果となった。

一方で、データ活用への期待は高まっており、日本の調査対象者の67%が現在の職務において「週に1度以上はデータを使用」しており、36%が「3年前と比べ、より大きなデータを活用する必要に迫られている」という結果が出ている。また、28%が「データを活用することで高い水準のパフォーマンスを出すことができた」と回答し、そのうち70%が経営幹部であることから、データリテラシーの有無がビジネスパーソンにとって、重要なスキルとなっていることもうかがえるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×