侵入後の攻撃を挙動分析するクラウドアプリ「Magnifier」(パロアルトネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

侵入後の攻撃を挙動分析するクラウドアプリ「Magnifier」(パロアルトネットワークス)

パロアルトネットワークスは、侵入後の攻撃に対する挙動分析クラウドアプリケーション「Magnifier」を日本市場で提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パロアルトネットワークス株式会社は3月23日、侵入後の攻撃に対する挙動分析クラウドアプリケーション「Magnifier(マグニファイア)」を同日より日本市場で提供開始すると発表した。同社のApplication Frameworkより提供し、次世代セキュリティプラットフォームと機械学習の連携により、標的型攻撃をはじめとする高度な脅威に対する、迅速な検出と防御を実現するとしている。

Magnifierは、エンドポイント解析サービス「Pathfinder」が併せて提供され、Pathfinderと次世代ファイアウォールからデータを収集し、ユーザーとデバイスの動作をプロファイル化する。検出のアルゴリズムは、送信されるログに合わせて調整され、より正確な攻撃検出アルゴリズムを機械学習に適用できる。これによりMagnifierからは、無駄がなく精度の高い実用的なアラートが生成される。検出の自動化や、導入の拡張性、俊敏性、容易性も特徴となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×