セキリュティ証明書の不具合でVRヘッドセット「Oculus Rift」が全世界規模で利用不能に(Oculus) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

セキリュティ証明書の不具合でVRヘッドセット「Oculus Rift」が全世界規模で利用不能に(Oculus)

VRヘッドセット「Oculus Rift」がセキリュティ証明書の不具合によって全世界規模で利用不能になっていることが、海外メディアとユーザーより報告されています。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
VRヘッドセット「Oculus Rift」がセキリュティ証明書の不具合によって全世界規模で利用不能になっていることが、海外メディアとユーザーより報告されています。

GamePlanetによれば、Redditやその他フォーラムユーザーより「Oculus Rift」の起動の際、「Oculus Runtime Serviceにアクセス不能」「Oculus:Signature Invalidによって初期化に失敗する」などの報告が届けられていたとのこと。Oculusは問題を認識し、「期限切れのセキュリティ証明書」が原因であることを伝えながら、修復作業中であると述べています。

GamePlanetは、Windowsのシステム時刻設定を無効にしてから、証明書の期限が切れる前日まで手動で戻すことで問題を回避できると報じていますが、他Windows関連サービスに大きな影響を与える可能性が考えられます。Oculusは、現地時間3月7日夜にも詳細を報告していく方針ということです。

Oculus Riftが全世界規模で利用不能…原因は「期限切れセキュリティ証明書」

《キーボード打海》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×