ソフトのみでIoTセキュリティを実現する「kusabi」のコンソーシアム設立(IBC) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

ソフトのみでIoTセキュリティを実現する「kusabi」のコンソーシアム設立(IBC)

IBCはJASAの支援により、安全性向上委員会の情報セキュリティワーキンググループとして「kusabi コンソーシアム」を設立した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
アイビーシー株式会社(IBC)は2月19日、一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)の支援により、安全性向上委員会の情報セキュリティワーキンググループとして「kusabi コンソーシアム」を設立したと発表した。「kusabi(楔)」とは、ブロックチェーン技術による電子証明システム(特許出願中)と、独自のデバイスプロビジョニング技術(特許出願中)により、ソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現するサービス。

同コンソーシアムは、JASA会員をはじめとする企業・団体、および有識者の協力により、実証実験の対象となるIoTデバイスを拡大し、kusabiを活用したIoTセキュリティに関する技術の開発・実証および標準化などの推進を目的に設立した。具体的には、PDCAサイクルにて運用し、IoTデバイスとOTA(Over The Air)で接続するkusabiのプロビジョニングサーバのAPIをコンソーシアムメンバーと協働で策定することで、標準化を図る。成果は外部にもアナウンスしていく予定だという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×