次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、同社のFortiGate仮想マシン(次世代ファイアウォール:FortiGate VM)がGoogle Cloud Platformで利用できるようになったと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は2月16日、同社のFortiGate仮想マシン(次世代ファイアウォール:FortiGate VM)がGoogle Cloud Platformで同日より利用できるようになったと発表した。米Fortinetが2月5日に発表した抄訳として伝えている。FortiGate VMは、Google Cloud LauncherマーケットプレイスでBYOL(ライセンス持ち込み)として提供される。

Google Cloudの企業ユーザは、FortiGate VMを使用することで一貫した自動セキュリティポリシーに沿って、ワークロードやアプリケーションをより安全にGoogle Public Cloudに移行できる。また、オンプレミスインフラストラクチャの統合されたセキュリティ、制御、可視性とともに、パブリッククラウドのスケールと柔軟性を安全に確保できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×