次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

フォーティネットジャパン株式会社は2月16日、同社のFortiGate仮想マシン(次世代ファイアウォール:FortiGate VM)がGoogle Cloud Platformで同日より利用できるようになったと発表した。米Fortinetが2月5日に発表した抄訳として伝えている。FortiGate VMは、Google Cloud LauncherマーケットプレイスでBYOL(ライセンス持ち込み)として提供される。

Google Cloudの企業ユーザは、FortiGate VMを使用することで一貫した自動セキュリティポリシーに沿って、ワークロードやアプリケーションをより安全にGoogle Public Cloudに移行できる。また、オンプレミスインフラストラクチャの統合されたセキュリティ、制御、可視性とともに、パブリッククラウドのスケールと柔軟性を安全に確保できるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×