秘密分散技術活用しランサムウェア対策(イノベーション・ファーム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

秘密分散技術活用しランサムウェア対策(イノベーション・ファーム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社イノベーション・ファームは1月30日、ランサムウェアを含むマルウェアを無害化し重要なデータを保護する、企業向けセキュリティソリューション「Secure Explorer」の提供を開始したと発表した。同ソリューションは、ファイルを独自の秘密分散法により無意味化することで、ランサムウェアに感染しても影響を受けないようにするもの。Secure Explorerのフォルダにファイルをドラッグ&ドロップすることでファイルを無意味化できる。

同社の秘密分散技術は、データ3つの断片ファイルに変換し、それぞれ異なるクラウド上や自社サーバなどで保管する。それぞれの断片ファイルは無意味化されているので、たとえファイルが盗まれても情報が流出することがない。また、断片ファイルは凍結状態になるため、ランサムウェアに感染していても感染の拡大を防ぐことができ、世代バックアップから感染前のデータを復元することも可能。断片ファイルが2つあればデータを復元できるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×