メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

国際 TheRegister

分析 現在の大部分のCPUにさまざまな方法で影響を与える2種類の新たな攻撃手法、メルトダウンとスペクターの発覚により、Intelは大きなダメージを受けている。

Intelの株価は下落しており、そしてこの欠陥の認識後に同社CEOのBrian Krzanich氏が自社株を大量に売却していたと報じられたことから、証券訴訟の可能性にも注目が集まっている

Intelは、影響があったのは他のチップ製造者も同様だと弁明している。しかし、ユーザアプリケーションからカーネルメモリを読めてしまうサイドチャネル攻撃であるメルトダウン脆弱性は、Intelプロセッサ(およびArmのCortex-A75。ただし、こちらはまだ出荷されていない)に影響するものであることがわかっている。一方で、もう一つの脆弱性であるスペクターは、IntelのIvy Bridge、Haswell、そしてSkylakeプロセッサ、AMDのRyzen CPU、そして携帯電話に使用されているSamsungとQualcommの複数のARMベースSoC上で確認されている。

しかし、スペクターはメルトダウンよりも対策が困難である。なぜなら、もっとも効果的な修正は、チップをハードウェア的に再設計することだからだ。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×