Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、投機的実行機能を持つCPUに対してサイドチャネル攻撃を行う手法が複数の研究者によって報告されていると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月4日、投機的実行機能(speculative execution)を持つCPUに対してサイドチャネル攻撃を行う手法が複数の研究者によって報告されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは2.5。

Intel、AMD、ARMなどの投機的実行機能を持つ複数のCPUに対し、サイドチャネル攻撃を行う手法が報告されており、この手法によりユーザ権限で実行中のプロセスから、カーネルメモリの情報を取得される可能性がある。Linuxカーネルでは、この攻撃手法に対する対策として「KAISER」や「KPTI」と呼ばれる機能が実装されている。また、他のOSにおいても対策の実装が進められているとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×