SECCON 2017決勝会場で自作ツールデモ展示(JNSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

SECCON 2017決勝会場で自作ツールデモ展示(JNSA)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は12月27日、日本における最大規模のセキュリティ大会「SECCON 2017」の英語と日本語による国際決勝大会(2月18日~19日)のうち2日間(17日、18日)に、「SECCON YOROZU(よろず屋)」を開催すると発表した。事前登録は間もなく開始される予定。

SECCON YOROZU(よろず屋)は、SECCON決勝大会の会場となる東京電機大学において、情報セキュリティに関係する自作ツールをデモ展示できるという初めての企画。情報セキュリティに興味関心がある約1,500人が来場するため、自身のツールをアピールする機会に活用できる。デモ展示は17日か18日のいずれか、あるいは両日展示も可能。13時から17時の間で1時間~2時間程度、机を割り当てる。また、18日には「Yorozu Lightning Talk(5-min presentation and Q&A)」の時間も用意する予定。

要件は、当日にデモンストレーション可能なこと、展示者は、ツールの作成者又はコアコミッターであること、展示者の所属企業の宣伝目的ではないこと、ツールが日本の法令を遵守していることなどとなっている。なお、机と24インチディスプレイ、電源(100V)は主催者側が用意する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×