25年にわたりRFC1342の解決を放置(The Register) | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

25年にわたりRFC1342の解決を放置(The Register)

ペネトレーションテスターのサブリ・ハドゥシュ氏は、Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance(DMARC)などのスパムフィルタやスパム対策を回避するEメール送信元へのなりすまし手法を世界に向けて再び知らしめた。

国際 TheRegister
ペネトレーションテスターのサブリ・ハドゥシュ氏は、Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance(DMARC)などのスパムフィルタやスパム対策を回避するEメール送信元へのなりすまし手法を世界に向けて再び知らしめた。

この手法は未パッチの脆弱性を抱えたメールクライアントを利用している全ての人々をリスクにさらしている。

彼が発見したのは、「Apple Mail」「Thunderbird」「Yahoo! メール」「ProtonMail」および様々な「Windows」のクライアントなど30を超えるメールクライアントが古くから存在するRFCを実装し損ねているということだ。これによって攻撃者は、たとえサーバが本当の送信元を確認したとしても、ソフトウェアをだまして偽装したFromフィールドを表示させることができる。

つまり、サーバでDAMRC、SPF(Sender Policy Framework)、DKIM(Domain Keys Identified Mail)を使用するように設定していた場合、たとえあるメッセージがスパムとして弾かれるべきものであっても、サーバはそれを正当なものとして扱うことになる。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×