捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

選挙センターに報告したにもかかわらず、このセキュリティホールはその後7ヶ月の間、何の対策もなく放っておかれた。

国際 TheRegister
分析

昨年の米国大統領選挙に関連したサイバー攻撃問題で、有権者からの訴訟を受けて捜査が進められていたコンピューターから、データが消し去られた。

このサーバーはジョージア州 (僅差でトランプが勝利し、16票の選挙人票をもたらした州) のもので、 同州の選挙システムの結果データが保存されていた。データの消失により、コンピューターに不正なプログラムが仕掛けられていたのかどうか、分析は不可能となった。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×