死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

マサチューセッツの州最高裁判所の判決により、ヤフーは死亡した男性のメールアカウントの内容を遺族に譲渡する必要があるかもしれない。

国際 TheRegister
マサチューセッツの州最高裁判所の判決により、ヤフーは死亡した男性のメールアカウントの内容を遺族に譲渡する必要があるかもしれない。

月曜日(編集部註:2017年10月16日)、米国の州最高裁判所は2006年に自転車事故で43歳で亡くなったジョン・エージュミアンの財産に関わる事例で以前のヤフー側の勝訴判決を無効にした。ジョンの兄弟姉妹であるロバートとマリアンは、遺産管理人として、亡くなる数年前にジョンがロバートともに開いたヤフーのメールアカウントへのアクセスを得ようとしていた。

ロバートとマリアンは、ジョンが遺言を残さなかったと述べ、それ故に遺産管理人としてジョンのメールの内容を見てジョンの所有物をどう扱うべきかを決めることができるはずだと主張した。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×