京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機 | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

京王電鉄のサイバーセキュリティ、2005年の契機

登壇者は京王電鉄でITシステムの構築・管理を続ける京王SIRT 細田正実氏だ。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
重要インフラのひとつである鉄道事業者。海外では、信号機などがハッキングされた事例も報告されている。オリンピックを控えて日本国内でも注目が集まる分野でもあるが、鉄道事業者とサイバーセキュリティという視点で語られることは少ない。

その中、Security Week Tokyo 2017において「鉄道事業者としてのサイバーセキュリティの取組~体制管理の視点から~」というセミナーが行われた。登壇者は京王電鉄でITシステムの構築・管理を続ける京王SIRT 細田正実氏だ。

細田氏は、京王電鉄で20年以上、経営企画部、監査部等、部門の異動はあったものの一貫してITシステム業務に携わっている。自身の経験を振り返ると、2005年を境に、その前後でセキュリティにかかわる変化があったという。

《中尾 真二》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×