自動運転・コネクティッドカー向けのサイバー攻撃防御システムを開発(パナソニック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

自動運転・コネクティッドカー向けのサイバー攻撃防御システムを開発(パナソニック)

パナソニックの社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、自動運転・コネクティッドカー向けのオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パナソニック株式会社の社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は10月10日、自動運転・コネクティッドカー向けのオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発したと発表した。同システムは、車載システムへのサイバー攻撃やウイルスなどの侵入を検知し、防御システムがこれらを駆除・無効化するもので、自動運転車・コネクティッドカーの安全走行を確保するもの。今後の車載セキュリティの法規制化への対応も容易。

同システムは、車載機に搭載する「監視モジュール」と、監視モジュールと連携する「監視クラウド」で構成される。監視モジュールは、監視ルールに基づき車両内部を監視する。監視ルールは監視クラウドから変更・更新できるため、新たな攻撃にも対応できる。これにより、出荷後も車両の安全を維持できる。また、サイバー攻撃の予兆を顕在化する前に捉えることで、対策検討を先んじて実施することも可能となり、攻撃の影響を最小限に抑えることが可能になるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×