自動運転・コネクティッドカー向けのサイバー攻撃防御システムを開発(パナソニック) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

自動運転・コネクティッドカー向けのサイバー攻撃防御システムを開発(パナソニック)

パナソニックの社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、自動運転・コネクティッドカー向けのオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
パナソニック株式会社の社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は10月10日、自動運転・コネクティッドカー向けのオートモーティブ侵入検知・防御システムを開発したと発表した。同システムは、車載システムへのサイバー攻撃やウイルスなどの侵入を検知し、防御システムがこれらを駆除・無効化するもので、自動運転車・コネクティッドカーの安全走行を確保するもの。今後の車載セキュリティの法規制化への対応も容易。

同システムは、車載機に搭載する「監視モジュール」と、監視モジュールと連携する「監視クラウド」で構成される。監視モジュールは、監視ルールに基づき車両内部を監視する。監視ルールは監視クラウドから変更・更新できるため、新たな攻撃にも対応できる。これにより、出荷後も車両の安全を維持できる。また、サイバー攻撃の予兆を顕在化する前に捉えることで、対策検討を先んじて実施することも可能となり、攻撃の影響を最小限に抑えることが可能になるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×