金融機関向けの多要素認証プラットフォーム、FIDOベースの認証基盤を公開(DDS) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

金融機関向けの多要素認証プラットフォーム、FIDOベースの認証基盤を公開(DDS)

DDSは、日本金融通信社が主催する「FIT2017 金融国際情報技術展」に、多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」、FIDOをベースとした認証基盤「マガタマ プラットフォーム」を出展すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は9月26日、日本金融通信社が主催する「FIT2017 金融国際情報技術展」(10月26日~27日に開催)に、多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」、FIDOをベースとした認証基盤「マガタマ プラットフォーム」を出展すると発表した。

EVE MAは、FISCやPCI DSSが求める「本人確認」を、指紋認証、顔動画認証、静脈認証といった生体認証と、ICカード認証およびパスワードの自由な組み合わせによる多要素認証・二要素認証で実現するもの。マガタマ プラットフォームは、金融機関がユーザの生体情報を預かることなく、生体認証ログインを実現する次世代オンライン認証規格「FIDO」準拠の認証ソリューション。ブースではデモ展示を行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×