脆弱性やライセンス違反、バグなどOSSのリスクを可視化しレポートするWhiteSourceを国内提供(GDEPソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

脆弱性やライセンス違反、バグなどOSSのリスクを可視化しレポートするWhiteSourceを国内提供(GDEPソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

GDEPソリューションズ株式会社は8月29日、イスラエルのホワイトソース社(WhiteSource, Inc.)と代理店契約を締結し、同社のオープンソース・セキュリティ&コンプライアンス管理ソリューション「WhiteSource」を国内で初めて販売開始すると発表した。WhiteSourceは、使用しているOSS(オープンソースソフトウェア)のセキュリティ、ライセンス、品質(バグ・アップデート等)について、独自の最新データベースと自動的に照合し、問題点があれば重大度を含めたその詳細と解決策を、リアルタイムかつタイムリーにレポートするソリューション。

WhiteSourceはサービスとして提供され、開発環境に置かれたエージェントが、各ファイルに対する独自識別子(UID)を計算し、全UIDがクラウド上のWhiteSource サーバへ送付する。UIDは、WhiteSourceのOSSマスターDBとマッチングされ、OSSと認識されたものに対して、セキュリティ、ライセンス、品質などのデータが、ユーザ特定のインベントリーDBに蓄積される。これにより、バックグラウンドで開発プロセスに影響を与えずに、全ての解析データがオンラインで利用可能となる。販売価格は、年間使用料(サブスクリプション)が998,000円(税別)から(開発者数 10、プログラミング言語 3、アプリケーション数 10の場合)。2018年度で3億円の販売を目指す。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×