ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

JPNICは、ICANNにより進められている、ルートゾーンKSKロールオーバーに伴い、 特設Webページ「KSKロールオーバーについて」を詳しく更新したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は8月2日、ICANNにより進められている、ルートゾーンKSKロールオーバー(鍵署名鍵の更新)に伴い、 2017年9月19日に一部のDNS応答のサイズが増大する作業が予定されていることを受け、特設Webページ「KSKロールオーバーについて」を詳しく更新したと発表した。同ページでは、KSKロールオーバーの概要や、 それに伴う影響や対応について紹介している。

KSKロールオーバーによって一部のDNS応答のサイズが増大し、利用環境によってはIPフラグメンテーションが発生し、インターネットの利用に遅延や接続できないなどの障害が起こる可能性がある。ICANNでは、こうした影響がインターネットユーザの4人に1人に及ぶ可能性を示唆している。たとえサーバ側でDNSSEC検証を無効にしていても、クライアント側がDNSSECに関する問い合わせをしてくるケースなど、 状況によっては本件の影響を受ける可能性があるとしており、同ページを参考に確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×