ソフトバンクが 1 億ドル出資し Cybereason の筆頭株主に ~ セキュリティのユニコーン誕生(The Register) | ScanNetSecurity
2020.05.31(日)

ソフトバンクが 1 億ドル出資し Cybereason の筆頭株主に ~ セキュリティのユニコーン誕生(The Register)

サイバーセキュリティ系スタートアップ企業のサイバーリーズン(Cybereason)は、このほどソフトバンクより1億ドルの出資を受け、成長の次の段階へと進みつつある。

国際 TheRegister
サイバーセキュリティ系スタートアップ企業のサイバーリーズン(Cybereason)は、このほどソフトバンクより1億ドルの出資を受け、成長の次の段階へと進みつつある。

マサチューセッツ州ボストンとイスラエルのテルアビブを本拠地とするサイバーリーズンは、エンドポイントでの検知と対処、次世代型アンチウィルス、マネージドモニタリングサービスなどを提供するサイバーセキュリティ企業だ。この分野は激戦区で、シマンテック、マカフィー、サイランス、クラウドストライクといった会社が先行進出し、市場の囲い込みが進んでいる。しかしながら、資金力に富んだ企業もあるにはあるが、今回サイバーリーズンが手にしたほどの軍資金に恵まれた企業はない。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×