2015年の情報セキュリティ市場は8,965億円、2017年度には9千億円超えに(JNSA) | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

2015年の情報セキュリティ市場は8,965億円、2017年度には9千億円超えに(JNSA)

JNSAは、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2016年度 国内情報セキュリティ市場調査」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は6月20日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2016年度 国内情報セキュリティ市場調査」を発表した。これによると2015年度の情報セキュリティ市場は、ツール市場が4,705億円、サービス市場が4,260億円で、合計8,965億円とみている。また、2016年度は全体で4.0%成長し、9,327億円になると予測している。

情報セキュリティツール市場では、コンテンツセキュリティ対策製品が1,767億円で37.6%を占め、アイデンティティ・アクセス管理製品が843億円で17.9%、システムセキュリティ管理製品が702億円で14.9%、ネットワーク脅威対策製品が644億円で13.7%と続いた。アイデンティティ・アクセス管理製品は、前年比9.2%と顕著な伸びを示した。2016年度はツールからサービスへの移行の流れが顕著なため、前年比3.7%増の4,879億円、2017年度は5,099億円になると予測している。

情報セキュリティサービス市場では、セキュリティ運用・管理サービスが1,742億円で41%を占め、セキュアシステム構築サービスが1,323億円で31%、情報セキュリティコンサルテーションが806億円で19%と続いた。セキュリティ運用・管理サービスは、前年比39.1%と高い伸びを示した。2016年度はサービス市場のすべてのカテゴリで成長が見込まれ、前年比4.4%増の4,448億円、2017年度は4,697億円になると予測している。。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×