AIの情報セキュリティ領域において米ボストン大学と共同研究(ホンダ、HRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

AIの情報セキュリティ領域において米ボストン大学と共同研究(ホンダ、HRI)

製品・サービス・業界動向 業界動向

ホンダは5月16日、子会社のホンダ・リサーチ・インスティチュート(HRI)が人工知能(AI)の情報セキュリティー領域において、米ボストン大学と共同研究を開始するで合意したと発表した。

デジタルテクノロジーの進化に伴い、幅広いフィールドでの価値創造の可能性が拡がってきた。このような環境の変化を受け、ホンダはこれまでの「モノづくり」に加え、今までになかった新しい価値や体験を提供する「コトづくり」へのチャレンジを開始。それを実現するための技術の一つがAIであり、ホンダは「人の感情を理解し共感できること」「人に寄り添い、共に成長していくこと」「主役である人の可能性を拡大していくこと」を可能とする”人と協調するAI”の開発を目指している。

AIが人と協調するためには、利用者の個人情報収集・分析が必要となるほか、信頼性の高い強固なセキュリティー技術が必須となる。今回、AIにおけるセキュリティー領域の研究を加速させるため、ホンダはボストン大学のコンピューティング&計算科学・工学ラフィク・ハリリ研究所を共同研究の戦略的パートナーの一つに選出。ボストン大学コンピューターサイエンス学科のエイザー・ベスタブロス特別教授やHRIグローバル統括のバーンハード・センドホフ博士が中心となり、共同研究におけるプロジェクトの監督推進を行っていく。

両者は最初のプロジェクトとして、セキュア・マルチパーティ―・コンピューテイションを用いたデータプライバシーコントロール技術の共同研究を2017年5月から開始する。現在、利用者の個人情報をもとにしたレコメンデーション(推奨)機能などが活用されているが、これらのサービスは利用者の知らないところで個人情報が利用されていることがある。共同研究では、利用者がどの個人情報を共有し、どの情報を共有しないかをコントロールできるデータセキュリティー技術の実現を目指す。

ホンダ子会社、AIの情報セキュリティ領域でボストン大学と共同研究を開始

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  6. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  7. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  8. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

  9. サイバー攻撃対策要員養成アカデミーに産業制御系システム対応コースを新設(DNP)

  10. 家庭や学校、企業で利用可能な初心者向け学習資料をシリーズで無償提供(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×