W3C による DRM の Web 標準化が完了間近(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

W3C による DRM の Web 標準化が完了間近(The Register)

World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム、W3C)が、議論百出のデジタル・ライツ・マネジメント(デジタル著作権管理、DRM)を新たなWeb標準に採用することを正式に打ち出した。

国際 TheRegister
World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム、W3C)が、議論百出のデジタル・ライツ・マネジメント(デジタル著作権管理、DRM)を新たなWeb標準に採用することを正式に打ち出した。

Encrypted Media Extensions(暗号メディア拡張、EME)とも呼ばれるこの著作権侵害防止メカニズムは、Google、Microsoft、Netflixの技術者が考案した。開発が始まってからかなりの年数が経っている。DRMは、高画質ストリームを暗号化して動画やその他のコンテンツをユーザーが不正コピーできないようにすることで、著作権侵害の発生を阻止することに開発の主眼が置かれている。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×