IoT機器へのサイバー攻撃を検知し通知するサービスを開発、6月に提供開始(日立システムズ) | ScanNetSecurity
2019.10.23(水)

IoT機器へのサイバー攻撃を検知し通知するサービスを開発、6月に提供開始(日立システムズ)

日立システムズは、インターネットに接続された監視カメラや自動販売機などの機器(IoT機器)に対する遠隔操作や乗っ取りなどのサイバー攻撃を検知するサービスを開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立システムズは3月30日、インターネットに接続された監視カメラや自動販売機などの機器(IoT機器)に対する遠隔操作や乗っ取りなどのサイバー攻撃を検知するサービスを開発したと発表した。2017年6月から主にIoT機器メーカー向けに提供開始する予定。同サービスは、IoT機器の製造段階にあらかじめ搭載するセキュリティソフトウェア(組み込みソフトウェア)と、同ソフトウェアが検知したサイバー攻撃を遠隔監視するサービスで構成される。

検知したサイバー攻撃は、同社のセキュリティオペレーションセンター(SHIELD SOC)に知らせることにより、セキュリティリスクを把握し早期に対処することが可能。ソフトウェアは、同社のグループ会社である株式会社セキュアブレインと共同開発したもので、IoT機器本来の動作に影響を与えないように設計され、定期的なアップデートも不要。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×