勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

レポートの著者3名は、会社員など内部情報に通じた者を買収する動きは「活発化している」と述べている。

国際 TheRegister
金目当てで企業秘密のリークに明け暮れる者の存在を、ある調査が明らかにした。

米国を拠点とするリスクマネジメント団体RedOwlと、イスラエルのスレット・インテリジェンス会社IntSightsのハッカーが、ダークWeb内に存在するプライベートサイトKick Ass Marketplaceへのアクセスに必要な審査プロセスを突破し、そこで自社の内部機密をハッカーに売りさばいている社員の存在をつかんだ。中には違法な業者と連携し、社内ネットワークにマルウェアを感染させている例もあった。

ある銀行の社員はハッカーに手を貸して自社のネットワークに常駐させていた。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×