5,000ユーザの「Microsoft Office 365」環境に「CAS」を導入(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

5,000ユーザの「Microsoft Office 365」環境に「CAS」を導入(トレンドマイクロ)

東急電鉄は、標的型サイバー攻撃やランサムウェア対策の強化のために、トレンドマイクロのクラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security(CAS)」を導入した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は3月1日、東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)が、標的型サイバー攻撃やランサムウェア対策の強化のために、トレンドマイクロのクラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security(CAS)」を導入したと発表した。

東急電鉄では、サーバの運用管理負荷軽減の目的でクラウドサービス「Microsoft Office 365」を導入、5,000ユーザがExchange Onlineをメール環境として利用している。また、効果的な情報集約を目的として「SharePoint Online」を、社内外での効率的なデータ共有など、働き方改革のひとつとして「OneDrive for Business」を利用している。

東急電鉄では、主にメールを侵入口とする標的型サイバー攻撃やランサムウェアなどへのリスク対策として、CASを導入した。Office 365とAPIで連携するため、社内環境に新たに機器を設置したり、メールの経路変更やDNSの再設定などの作業が不要であり、スムーズに導入できる点が評価された。さらにCASは、あらかじめActive Directoryで定義しているグループごとに異なるセキュリティ設定を適用できるため、運用管理負荷をかけることなくセキュリティポリシーを適用できる点も評価されたという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×