産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月8日、4月に発足する「産業サイバーセキュリティセンター」において実施する教育プログラムの受講者を2月20日より募集開始すると発表した。

同センターは、社会インフラに物理的なダメージを与えるサイバー攻撃のリスクが増大している状況に対し、防御力を抜本的に強化するため、模擬プラントを用いた演習や、攻撃防御の実践経験、最新のサイバー攻撃情報の調査・分析等を通じて、社会インフラ・産業基盤へのサイバーセキュリティリスクに対応する人材・組織・システム・技術を生み出していくことを目的に発足する。

同センターでは、7月より1年間の教育プログラムなどを始動することに先立ち、2月20日より受講者の募集を開始する。センター長には株式会社日立製作所の取締役会長兼代表執行役である中西宏明氏が就任する。なお、すでに電力、ガスのほか、鉄道、自動車、不動産など、30社以上が教育プログラムへの参加を表明しているという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×