piyolog Mk-II 第11回 「佐賀県学校教育ネットワークへの不正アクセス事件を振り返り気になったコト」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

piyolog Mk-II 第11回 「佐賀県学校教育ネットワークへの不正アクセス事件を振り返り気になったコト」

今回の事件は複数の専門家から見解が示されています。しかし実際はどうだったのでしょうか。

特集 特集
今から半年前のことです。2016年6月に少年らが起こした不正アクセス事件が報じられました。佐賀県教育委員会(以下県教委と表記)が運用している学校教育ネットワークが狙われたという事件で、2年近くにわたり不正アクセスを受けていた事実が明らかになりました。未成年者、しかもグループによる犯行であったことやシステムで管理されていた生徒らの指導情報など機微な情報が漏えいする事態であったことがわかり、社会的にも多くの関心が集まりました。そして先月、県教委は佐賀県学校教育ネットワークセキュリティ対策検討委員会(以下第三者委と表記)の提言を受けてセキュリティ対策の実施計画を発表しました。

今回はこの事件を振り返ります。なお、年の記載がない日付は2016年を指します。

《piyokango》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×