標的型攻撃対策ソフト「FFRI yarai」新版を提供、製品名も社名と統一(FFRI) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

標的型攻撃対策ソフト「FFRI yarai」新版を提供、製品名も社名と統一(FFRI)

FFRIは、標的型攻撃対策ソフトウェアの最新版を「FFRI yarai Version 2.8」として提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社FFRIは1月19日、標的型攻撃対策ソフトウェアの最新版を「FFRI yarai Version 2.8」として同日より提供を開始したと発表した。製品名を「FFR yarai」から「FFRI yarai」に変更し、社名と統一している。同製品は、シグネチャやパターンファイルに依存せず、標的型攻撃の特徴を複数のプログレッシブ・ヒューリスティック技術により分析することで、未知の脅威を検知・防御するソフトウェア。

最新版では、ランサムウェアの巧妙化・悪質化により国内外で感染被害が報告され続けていることから、DLL型ランサムウェア対策やマクロ・スクリプト対策など、各エンジンのランサムウェア対策をさらに強化した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×