欧州公式Twitterアカウントが乗っ取り被害、暴言を含むツイートやフォロワーをブロック(スクウェア・エニックス) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

欧州公式Twitterアカウントが乗っ取り被害、暴言を含むツイートやフォロワーをブロック(スクウェア・エニックス)

スクウェア・エニックスの欧州公式Twitterアカウントがハッキング被害に遭い、一時的に乗っ取られていたことが明らかとなりました。

脆弱性と脅威 脅威動向

スクウェア・エニックスの欧州公式Twitterアカウントがハッキング被害に遭い、一時的に乗っ取られていたことが明らかとなりました。“cyberwolfgang”と名乗る犯人は暴言を含むツイートの他、フォロワーをブロックしたり、いくつかのアカウントのフォローなどを行ったとのこと。その犯行の手は『Just Cause』の公式Twitterアカウントにも及びました。


現在、スクウェア・エニックスはアカウントの権限を取り戻しており、犯人によるツイートは削除されています。なお、今回とばっちりを受けた(暴言ツイートが送られた)Electronic Artsの英国公式Twitterアカウントは、「正常に戻って良かった」とお見舞いメッセージを伝えています。

@electronicarts Aww thanks, we weren't ourselves for a bit there. (*^_^*)We do <3 you really!— SQUARE ENIX EUROPE (@SQUARE_ENIX_EU) 2017年1月6日

欧州スクエニのTwitterが乗っ取り被害―暴言ツイートやフォロワーのブロックも

《RIKUSYO》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×