データ連係基盤の最新版を発売、企業間連携や通信のSSL/TLS化など追加(DAL) | ScanNetSecurity
2022.07.06(水)

データ連係基盤の最新版を発売、企業間連携や通信のSSL/TLS化など追加(DAL)

DALは、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」の最新版 バージョン1.1を12月28日より販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社データ・アプリケーション(DAL)は12月21日、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」の最新版 バージョン1.1を12月28日より販売開始すると発表した。ビジネスパートナー経由で販売し、予定価格は60万円から(基本機能)。同製品は、既存の業務アプリケーション資産を生かしつつ、単一ソフトウェアで、セキュアかつ可用性の高いデータ連携基盤を容易に構築するデータ連係基盤。

最新版では、独立した複数の「ACMS Apex」間を連携するAI(ACMS Apex間連携)機能を追加。業務フローの連携やリソースの利用、ファイル転送を容易かつセキュアに実現する。また、「ACMS Apex」を複数サーバに分散配置する場合のサーバ間通信をSSL/TLSプロトコルで暗号化した。これは「全銀TCP/IP手順」にも適用される。このほか、SAP EDIアダプタの追加やSFTP(SSH File Transfer Protocol)クライアント機能の追加、サポートOSやデータベースの追加などが行われている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×