金融機関向けの高度サイバーセキュリティ人材の育成で協業(三井住友銀行、日本総研、NEC) | ScanNetSecurity
2022.05.21(土)

金融機関向けの高度サイバーセキュリティ人材の育成で協業(三井住友銀行、日本総研、NEC)

三井住友銀行、日本総研、NECの3社は、高度サイバーセキュリティ人材の育成で協業したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社三井住友銀行、株式会社日本総合研究所(日本総研)、日本電気株式会社(NEC)の3社は12月7日、高度サイバーセキュリティ人材の育成で協業したと発表した。この協業により、各社の強みを活かした金融機関向けの高度サイバーセキュリティ人材の育成プログラムを策定する。

具体的には、三井住友銀行および日本総研は、金融業務の知見や金融機関に対するサイバー攻撃手口の情報などを、NECはサイバーセキュリティ人材育成ノウハウ、セキュリティ技術、他業界で発生している最新のサイバー攻撃手口の情報などをそれぞれ提供する。またNECは、同取り組みで得たノウハウをもとに、2017年中に金融機関向けのサイバーセキュリティ人材育成プログラムのサービス提供を目指す。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×