県警合同捜査本部のサイバー犯罪捜査にアプリの分析で協力、容疑者を逮捕(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

県警合同捜査本部のサイバー犯罪捜査にアプリの分析で協力、容疑者を逮捕(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は11月30日、京都府警察をはじめとした合同捜査本部のサイバー犯罪捜査に協力したことを発表した。合同捜査本部は、茨城県警察、神奈川県警察、京都府警察、静岡県警察、三重県警察(50音順)により構成されるもので、株式会社インターナルが開発したとされるスマートフォン向けアプリ「Androidアナライザー」に関するサイバー犯罪捜査に対して、同社が分析を行った。

分析の結果、同アプリにはインストールされたスマートフォンのLINEメッセージや電話帳データ、動画・静止画、通話内容などユーザのプライバシーに関わる情報を取得する機能が搭載されていることが確認され、「安全性やプライバシーを脅かす可能性があるアプリ」として判定した。この分析情報により、容疑者の逮捕につながったという。今回の協力は、2014年8月に京都府警察と締結した「京都府民をサイバー犯罪の脅威から守るための総合対処に関する協定書」に基づいたもの。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×