東急線渋谷駅で落とし物追跡タグを活用した忘れ物の検索・通知サービスを試験的に導入(東京急行電鉄、MAMORIO) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

東急線渋谷駅で落とし物追跡タグを活用した忘れ物の検索・通知サービスを試験的に導入(東京急行電鉄、MAMORIO)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

東京急行電鉄(東急)とMAMORIO社の2社は11月11日、東急線の渋谷駅でMAMORIOの落とし物追跡タグを活用した忘れ物の検索・通知サービスを試験的に導入すると発表した。

MAMORIO社はBluetooth搭載のタグを活用した忘れ物通知サービスを展開している。紛失物に取り付けられたタグから発信された電波を、近くにいるMAMORIOユーザーやMAMORIOの専用アンテナが受信。その位置をMAMORIOのサーバーに送信し、持ち主はスマートフォンで紛失物の位置情報を確認することができる。

2社の発表によると、東急線渋谷駅のヒカリエ2改札口付近にある忘れ物の受付所に、MAMORIOの専用アンテナを設置。タグの付いた忘れ物が受付所に届けられると持ち主に位置情報が通知され、渋谷駅で保管されていることが分かるようにする。

試験期間は11月15日から約6カ月の予定。利用者からの意見をもらいながら、検知精度の向上などを検討していくという。

忘れ物を追跡タグで早期発見…東急電鉄、通知サービスを試験導入

《草町義和@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×