BIND 9.xにDNSサービスが停止する脆弱性、主にフルリゾルバに影響(JPRS) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

BIND 9.xにDNSサービスが停止する脆弱性、主にフルリゾルバに影響(JPRS)

JPRSは、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は11月2日、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について注意喚起を発表した。同脆弱性(CVE-2016-8864)は開発元であるISCから発表されたもので、BIND 9.0.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が影響を受ける。なお、脆弱性のリスクは主にフルリゾルバにおけるものであり、権威DNSサーバではわずか(minimal)であるとしている。

この脆弱性は、DNS応答の処理に不具合があり、DNAMEレコードがanswer secionに含まれている応答を処理する際、namedが異常終了を起こす障害が発生する。これによりDNSサービスが停止する可能性がある。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「高(High)」と評価している。

JPRSでは解決策として、同脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.11.0-P1/9.10.4-P4/9.9.9-P4)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新を適用することを挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×