BIND 9.xにDNSサービスが停止する脆弱性、最新版への更新を呼びかけ(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

BIND 9.xにDNSサービスが停止する脆弱性、最新版への更新を呼びかけ(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は10月21日、BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について注意喚起を発表した。2013年5月以前にリリースされたBIND 9の9.9系列:9.9.0~9.9.3rc1およびこれ以外の系列:9.1.0~9.8.5rc1が対象となり、フルリゾルバ(キャッシュDNSサーバ)・権威DNSサーバの双方が対象となる。

この脆弱性(CVE-2016-2848)は、2013年5月にバグ修正済の項目が外部から攻撃可能であったと判明したことによるものであり、ISCからリリースされている最新版のBIND 9は対象とならない。

この脆弱性は、パケットの処理に不具合があり、不正なオプションを伴った問い合わせを受け取った際、namedが異常終了を起こす障害が発生する。これによりDNSサービスが停止する可能性がある。ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「高(High)」と評価している。

JPRSでは解決策として、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.11.0/9.10.4-P3/9.9.9-P3)への更新、あるいは各ディストリビューションベンダからリリースされる更新を適用することを挙げている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×