ランサムウェアの検知・防御技術で特許取得(MBSD) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

ランサムウェアの検知・防御技術で特許取得(MBSD)

MBSDは、「ランサムウェアの検知および防御」の特許を取得したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は10月6日、「ランサムウェアの検知および防御」の特許を取得したと発表した。これは、ランサムウェアによる脅威が増大しており、高度なウイルス対策ソフトやサンドボックス、SIEMなどさまざまなセキュリティ対策による多層検知・防御を行っている環境であっても、高度化するランサムウェアを完全に防ぎきることは困難な状況となっていることを受けたもの。

今回、同社が取得した特許は、同社のマルウェア解析チームを中心に、攻撃手法に関する技術研究を行った成果であり、従来のようにランサムウェア本体のファイルやランサムウェアのふるまいだけで判断するのではなく、ランサムウェアの攻撃行為と暗号化により変更されるファイルの状態に着目したもの。ふるまい検知回避、ヒューリスティック検知回避やサンドボックス検知回避などの検知回避技術を用いた攻撃が行われても不正な暗号化処理を防御し、ひとつのファイルも暗号化されることなくランサムウェアの脅威から顧客環境を守ることが可能となるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×