ArcSight活用し月額90万円のSOC事業開始、売上10億円目標(大塚商会) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

ArcSight活用し月額90万円のSOC事業開始、売上10億円目標(大塚商会)

大塚商会は、SOCサービス「たよれーる AdvancedSOCサービス」の販売を10月11日より開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社大塚商会は10月6日、セキュリティ・オペレーション・センター(Security Operation Center:SOC)サービス「たよれーる AdvancedSOCサービス」の販売を10月11日より開始すると発表した。月額利用料は868,000円からで、初期費用(設置・設定、チューニングなど)は1,368,000円から(ともに税別)。同社は同サービスの販売目標を、発売3年間の累計で10億円としている。

同サービスは、ユーザが自前でSOC体制を構築することなく、ユーザ環境にHPのSIEM「ArcSight」を導入することで、さまざまなネットワーク機器やセキュリティデバイスからログを収集し、重要度の高い事象が発生した可能性があると判断した場合には、通知・推奨対策のアドバイスについてユーザにメールで送信する。短期導入とコスト削減が可能なことも特徴となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×