顔認証とスケジュール情報を活用する不正操作防止ソリューション(NTTデータSMS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

顔認証とスケジュール情報を活用する不正操作防止ソリューション(NTTデータSMS)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社NTTデータSMSは10月4日、不正操作防止ソリューション「FaceDuo」を同日より販売開始したと発表した。同ソリューションは、システムへのログオンからログオフまで顔認証機能でセキュリティを確保し、不正な操作を防止するもの。

同社では、顔認証による本人確認 および複数人での作業実施を確実にするソリューションを開発し、NTTデータの次世代バンキングアプリケーション「BeSTA」を用いた共同利用型バンキングシステム「地銀共同センター」「STELLA CUBE」「BeSTAcloud」に提供している。この実績を踏まえ、NTTデータグループ以外への販売を開始することになったという。

利用申請に基づき登録された利用者とスケジュール情報にのっとり、複数人の顔認証を同時に行うことでセキュリティを確保、利用者の顔と名前を画面にリアルタイムで表示することで「不正の抑止」を狙う。また、操作履歴を画面キャプチャで記録できる製品と組み合わせることで、端末利用者の顔と名前が操作記録と関連づけて保存され、統制レベルのさらなる向上を図れるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×