英国立サイバーセキュリティセンター「積極的」防衛路線に舵を切る (The Register) | ScanNetSecurity
2024.05.21(火)

英国立サイバーセキュリティセンター「積極的」防衛路線に舵を切る (The Register)

マーティン氏は「最も攻撃的な脅威と闘い、これを抑止できる、合法的かつ慎重な管理が行われた攻撃型サイバー機能の開発」の必要性を訴えた。積極的サイバー防衛とは、アメリカの言葉を借りるならば、攻撃を妨害するために攻撃者に対してハッキングし返すことを意味する。

国際 TheRegister
英国の新しいサイバー・セキュリティ・センター (NCSC) のセンター長が、「積極的サイバー防衛」に舵を切る計画の詳細を取りまとめた。これは政府のネットワークをより保護し、英国全体のセキュリティを向上させることを目的としている。

NCSCのセンター長キアラン・マーティン氏によるこの戦略改訂が発表されたのは、この新しいセンターの来月のオープンの数週間前のことで、英国政府によるデジタル・セキュリティに対する現在のアプローチに関して国立監査局が厳しい報告書を発表した数日後のことだ。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×