NTT東日本の閉域ネットワークからクラウドサービスへ接続し高セキュリティを確保(ニフティ) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

NTT東日本の閉域ネットワークからクラウドサービスへ接続し高セキュリティを確保(ニフティ)

 ニフティは、NTT東日本と連携して閉域網接続サービス「プライベートアクセス for クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を10月11日から提供する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ニフティは、NTT東日本と連携して閉域網接続サービス「プライベートアクセス for クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を10月11日から提供する。

 「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」は、NTT東日本が提供する法人向けサービスで、特定のパブリッククラウドへ直接接続するための通信回線・ラック・機器などのまとめたパッケージサービス。インターネットを経由せず、NTT東日本のフレッツ等閉域ネットワークから、クラウドサービスへ接続することを可能としている点が特徴だ。アマゾンウェブサービス(AWS)や、NTTコミュニケーションズのEnterprise Cloud等への対応をはじめ、パートナー企業向けにOEM提供が行われる。

 今回の連携はNTT東日本が同サービスの利用者向けに、「フレッツ・VPN ワイド」または「フレッツ・VPN プライオ」との併用で、ニフティのクラウドサービス「ニフティクラウド」への接続を提供するものとなっている。閉域網接続サービスのため、高速でよりセキュリティな点を特徴としている。

 通信速度は100Mbpsまたは1Gbpsのベストエフォート。利用料金は「プライベートLAN」1契約あたり、月額8,000円となる。

閉域網によるクラウド接続を可能にするサービスでニフティ&NTT東日本が連携へ

《防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×