Citizen LabとLookoutから指摘を受けたセキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース(Apple) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Citizen LabとLookoutから指摘を受けたセキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース(Apple)

Appleは26日未明、iOSデバイス向け基本ソフトiOS 9.3.5をリリースした。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Appleは26日未明、iOSデバイス向け基本ソフトiOS 9.3.5をリリースした。

 iOS 9.3.5の配信は、iPhoneおよびiPadの重要なセキュリティの問題を修正・改善することが目的である。「About the security content of iOS 9.3.5」には、その詳細として、アプリケーションがカーネルメモリを開示できる問題や同権限で任意のコードを実行できる問題および、悪意のあるWebサイトにアクセスした際、任意のコードが実行されてしまう問題について修正したとある。

 当該セキュリティ問題は、カナダのトロント大学に拠点を置くセキュリティ研究機関Citizen Labとモバイルセキュリティで著名なLookoutが、現地時間8月15日にAppleに指摘したもの。Appleは、本通知から約10日間でセキュリティパッチを施したことになる。

 今回のアップデートについては、すべてのユーザーに推奨されるものなので、ぜひ早めにアップデートを行いたいところだ。

Apple、セキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース

《Tsujimura@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×