メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ)

IIJは、「IIJセキュアMXサービス(セキュアMX)」の機能を拡充し、悪意あるメールを無害化する「メール無害化オプション」を10月1日より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月10日、「IIJセキュアMXサービス(セキュアMX)」の機能を拡充し、悪意あるメールを無害化する「メール無害化オプション」を10月1日より提供開始すると発表した。特に自治体において、インターネット経由のメールをLGWANに取り込む場合に、添付ファイルの削除など、無害化されたメールのみとすることを提言した「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対策に有効なサービスとなるとしている。

セキュアMXは、企業のメールシステムに必要なセキュリティ機能をクラウド型で提供するサービス。新オプションでは、受信メールを複製し、添付ファイル付きメールやHTMLメールについては、複製したメールに対して「添付ファイルの削除」「HTMLメールのテキスト化」「URLリンクの無効化」を行い、無害化した上でLGWAN接続系メールサーバに配送する。オリジナルメールは、ユーザが用意する専用のメールボックスに配送、もしくはセキュアMXのメールボックスオプションを利用している場合は、セキュアMXのメールボックスに配送する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×