マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

 米マイクロソフトは29日、「Windows 10 Anniversary Update」を8月2日より提供開始することを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米マイクロソフトは29日、「Windows 10 Anniversary Update」を8月2日より提供開始することを発表した。

 「Windows 10 Anniversary Update」は、今年3月に発表された、Windows 10向けの大型アップデート。新たに「Windows Ink」を搭載することで、Windows 10デバイスと自然な形で触れ合えるようになるのが特徴だという。ペン操作により、紙と同じようにアプリに書き込みを行ったり、付箋を貼ったりすることが可能になる。

 また音声ガイド「Cortana」が、デバイスロック状態でも受け答えに可能になる。また情報の保存・呼び出し方法が拡張され、さらに使いやすくなる。

 そのほか、Microsoft Edge、Windows Hello、Windows Defenderが刷新され、Microsoft Edgeを使った生体認証で対応ウェブサイトにアクセス可能となるほか、マルウェア対策も強化されたとのこと。Xboxとの連動も図られている。

 「Windows 10 Anniversary Update」は、PC、スマホなど、全てのデバイス向けに無償で提供される。マイクロソフトによれば、現在3億5,000万以上のデバイスで、Windows 10は稼働しているとのこと。Windows 10は無償提供されており、2016年7月29日までにWindows 7/8/8.1からアップグレードしておけば、「Windows 10 Anniversary Update」も無償で導入できる。

大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」、8月2日配信が決定

《赤坂薫@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×